CrawWurmが寿司屋でめちゃめちゃ喰うblog

×0年ぶりにMTGを再開した記念にブログを初めました。 MTGアリーナを中心に、他のゲームや趣味のことを書いていきます。

黒単職工アグロ

除去山盛り

 

黒カードをほとんど使っておらず、碌なカードを持っていないという子のために、職工(アンコモン&コモン限定)で黒単を組んでみました。

f:id:CrawWurm:20210409234307p:plain

デッキ
4 群れの末裔 (ZNR) 121
22 沼 (KLR) 293
4 野蛮な大喰らい (ANB) 58
4 村の儀式 (KHM) 117
4 血空の狂戦士 (KHM) 80
4 マラキールの選刃 (ANB) 51
4 鋸刃蠍 (IKO) 99
4 無情な行動 (IKO) 91
4 パイ包み (ELD) 76
4 杯に毒 (KHM) 103
2 魔女の小屋 (ELD) 249

続きを読む

カラ卿でドラフト

クイックドラフト エルドレインの王権

 

カルドハイムのドラフトが全然勝てなくて、気分転換に エルドレインの王権 のクイックドラフトに挑みました。
単色が強い、出来事が強い、青単が酷いという話を聞いていたのですが、1パック目にこの子が入っていたので、間髪入れずにピック。

f:id:CrawWurm:20210404214236p:plain

カッコ良いですよね、このカード。
構築では使ったことも見かけたことも無く、強いかどうかわかりませんが、イラストだけみて使ってみたいなぁと思っていたカードです。

そのまま赤カードをピックしていき、無事に赤単が完成。

f:id:CrawWurm:20210404214638p:plain

デッキ
1 勇敢な騎士、カラ卿 (ELD) 145
1 塁壁潰し (ELD) 213
4 イタチ乗りのレッドキャップ (ELD) 148
1 エンバレスの盾割り (ELD) 122
2 家の吹き飛ばし (ELD) 114
1 火生まれの騎士 (ELD) 210
5 七人の小人 (ELD) 141
1 初子さらい (ELD) 118
1 レッドキャップの略奪者 (ELD) 136
1 怒り狂うレッドキャップ (ELD) 134
1 焼尽の連射 (ELD) 140
1 エンバレスの聖騎士 (ELD) 121
1 エンバレス城 (ELD) 239
1 僻境の暴虐 (ELD) 123
1 跳ね橋 (ELD) 217
1 武器置き台 (ELD) 236
16 山 (KLR) 298

 

エンバレス城、塁壁潰し、火生まれの騎士 と、強めのカードが取れました。
そして七人の小人が5枚。
除去呪文が少ないのは気になりましたが、序盤から殴れる構成でしたでの、相手が先制攻撃持ちばかりでなければ、1対1交換はできるだろと軽く考えていました。
そして、その結果はこちら。

f:id:CrawWurm:20210404214130p:plain

久々の7勝完走です。
しかも、6勝目まで負けなし。
イタチ乗りのレッドキャップ と 七人の小人 が序盤からダメージを与え、塁壁潰しにつなげるのが勝ちパターン。
物語デッキや青単切削デッキと当たらなかったのも大きいかな。

上記のカードたちは確かに強かったのですが、それらをサポートして勝利を呼び込んだカードが以下の3種です。

f:id:CrawWurm:20210404215523p:plain

4マナは重いかな?と思っていましたが、このデッキには合っていました。
七人の小人3枚に+1/+1を1個ずつ乗せてみたり、累積潰しを8/8まで育ててみたりと、応用が利くのがありがたかったです。

 

f:id:CrawWurm:20210404215559p:plain

初めて使ったカードでしたが、7勝のうち、5勝はこのカードがとどめになりました。
クリーチャー3体を無効化できるのは、相手の計算を思いっきり崩すことができて、強力。
今回、硫黄投石器 や 跳ね橋 の入ったデッキと当たることが多かったので、壁を破壊するという効果も役に立ちました。

f:id:CrawWurm:20210404215646p:plain

この子も、5マナは重いだろということで敬遠していたのですが、ドラフトではほとんどのクリーチャーを除去できる強カード。
赤単であれば、一徹の効果でプレイヤーにもダメージを与えられるので、5マナ8点!
インスタントなのも高評価です。

エルドレインの王権、テーロス還魂記、イコリア は、そろそろスタンダード落ちが見えてきましたが、まだまだ使ったことが無いカードがたくさんあります。
クイックドラフトであれば、気軽に手を出せるので、もう少し遊んでみようと思います。
デイリーでゴールドを稼がねば。。。

処罰者VSカニ

新ヒストリックって。

 

同じカードは4枚まで、という制限を取っ払ったら、どんなデッキが増えるかなんて、試すまでもなく明らかだと思うのですが、どうなんでしょう。
カニ、処罰者、熱烈な勇者しか入っていないデッキと繰り返し対戦していると、これが公式なフォーマットになるなら、引退してもいいかなという気になってきますね。
色々考えて組んだんだろうな、というデッキも見かけましたが、全部処罰者デッキの方が強いです。
同じカードしか入っていないデッキを使って楽しいかどうかと言えば、楽しくないと思います、私はね。
でも、頭をひねって組んだデッキが、全部カニとか全部処罰者とカニサクッと負けると、デッキを考えてた時間が丸々無駄になったような気分になります。
対策をしようと思えばできますが、そんな対策をしなくちゃならない時点で、もういいかな。
これで本当にヒストリックが新ヒストリックと入れ替わったら。。。

今日は愚痴しか出ない。

猫デッキ2種

今日もお猫様


先日作った猫デッキが思いのほか楽しかったので、改造して遊んでいます。
まずはフェリダーを抜いたバージョン。
フェリダーの撤退 は強いのですが、猫デッキである必要がなくなってしまうため、抜いてみました。ついでに 葉状地のフェリダー もなんとなく除外。
代わりに エルズベス、死に打ち勝つ と 寓話の守り手 を投入してみました。

f:id:CrawWurm:20210331232845p:plain

続きを読む

狂戦士の今日この頃

バーサーカー

 

といえば、アメリカのSF作家、フレッド・セイバーヘーゲン氏の代表作な訳ですが、知らない?

こんな子なんですけど。

f:id:CrawWurm:20210328120118p:plain


MTGバーサーカー、狂戦士は、上記のかわいい(?)メカではなく、北欧神話ベルセルクル (berserkr)をモチーフとしたクリーチャータイプ。
カルドハイムで赤、黒に大量投入されました。
みんないかつくて上半身裸なのが、ちょっとイヤ。

続きを読む

緑白猫デッキ _ Selesnya Cats

君、猫なの?

 

カルドハイムのリリースから、あと少しで2か月。
ゼンティカーの夜明け で駆逐されたかに見えたイコリア勢ですが、カルドハイムのカードとは相性が良いらしく(あとは大量に出た禁止カードのおかげか)、変容やサイクリングを見かける頻度が増えてます。
そして相棒。
ルールス、ヨーリオンを見かけない日は無く、こちらも大活躍中。
ただ、この2体以外はあまり使われていないようで、あとはオボシュくらいですかね?

 

そんな中で僕が注目しているのはこの子。

f:id:CrawWurm:20210321220935p:plain

角が生えてて鹿っぽいですが、猫だそうです。
相棒としては縛りが緩く、効果も分かりやすいウィニー向きな1枚。
猫、エレメンタル、ナイトメア、恐竜、ビーストと、全部合わせれば色々なデッキが組めます。
中でも猫は、セレズニアカラーに多く、ロードもいるので、クリーチャータイプを限定したデッキが組みやすそう。

続きを読む

パック開封_カルドハイム

記念の1パック目

 

マスタリーのレベルアップの報酬で、デイリークエストの報酬で、カルドハイムのパックを貰いました。

記念の1パック目、レアカードは・・・?

f:id:CrawWurm:20210129224754p:plain

神話レア出ました!
これは幸先良い。

Quakebringer / 揺れ招き (3)(赤)(赤)
クリーチャー — 巨人(Giant) 狂戦士(Berserker)
すべての対戦相手はライフを得られない。
あなたのアップキープの開始時に、揺れ招きは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。この能力は、揺れ招きが戦場にあるときか、揺れ招きがあなたの墓地にあってあなたが巨人(Giant)をコントロールしているときにのみ誘発する。
予顕(2)(赤)(赤)

5/4

続きを読む